一般利用研究

SPring-8の兵庫県専用ビームラインを利用し、(公財)高輝度光科学研究センターに課題申請する研究で、ビームタイムの調整や実験準備・補助、ユーザー登録などの支援を行います。

利用概要

  • 研究課題の随時募集
    柔軟なビームライン配分
  • 材料開発の社内事情(スケジュール)に
    あわせて利用可能
  • 2本のビームラインの相互利用
  • 多種多様な分析手法が利用可能
  • 技術スタッフによる手厚いサポート
    ラボ装置を利用した事前評価も可能
  • 利用計画から実験実施、測定データの解析法の
    相談等、 SPring-8利用経験がなくても安心
XAFS
XAFS

利用の流れ

  • 事前相談・お試し実験
  • 利用課題申請
  • 研究課題の評価・承認
  • 採択通知・契約締結
  • 利用費用の負担
  • 兵庫県BL利用申込
  • SPring-8への
    各種登録・利用手続・実験
  • 利用実験
  • SPring-8への利用報告書、
    成果報告書の提出

研究課題の評価・承認について

公益財団法人ひょうご科学技術協会に設置する兵庫県ビームライン評価委員会で課題の評価を行い、放射光研究センター所長の承認が必要です。

兵庫県ビームライン利用費用について

項目 金額
研究支援業務経費 330,000 円/12時 間(消費税込み)
605,000 円/24時 間(消費税込み)
成果専有料(非公表の場合のみ) 39,000 円/1時間

成果報告書について

成果非占有課題については、課題実施期終了後3年以内に、SPring-8を利用したことを明記した査読付き論文等を発表し、SPring-8の研究成果データベースに登録していただく必要があります。

なお、「SPring-8/SACLA利用研究成果集」に投稿、掲載されることで、成果の公開とすることもできます。

問い合わせ先

公益財団法人ひょうご科学技術協会 放射光研究センター 担当:縄田

〒679-5165 たつの市新宮町光都1-490-2(大型放射光施設SPring-8敷地内 放射光研究センター内)

TEL:0791-58-1452 FAX:0791-58-1457

お問い合わせフォーム